手術

治療の経緯を発信します

手術します④

RADWIMPS会心の一撃

この曲を教えてくれた友達に感謝。

 

(曲を聴きながら読んでほしい)

サポートで北信越に行っている時に教えてくれた。1年生から今に至るまでの自分に合っていて、後半からはこの先の1番いい状況をこの曲は教えてくれた。MVを見たら本当に自分を照らし合わせているみたいだった。

曲の力は凄い。

 

俺は60m投げてインターハイ出場という目標を立てた。

出場するには地区8位以内、県6位以内、ブロック(以下北信越)6位以内の3つの大会を勝たないといけない。

記録は地区は30m程度、県大会で50m中盤、北信越で56以上投げれば行ける。この時点でのPBは51m50。

とにかく順位に入れれば記録は関係ない。でも記録を目標にしないと絶対に負ける。

 

冬場は昨年を超えるハードなトレーニングをしていった。

疲労が溜まりすぎていて、ベッドで目を閉じれば5分かからず寝れた。

最悪なことに、ある時期は毎日金縛りがあって疲労の溜まり具合が異常だった。

 

初戦の2月にある記録会では54mと大きくベストを更新し、弾みをつけて5月のインターハイ予選に向けて練習を続けた。

 

4月の一般を含む大会で50mしか投げられず予選落ちで本当に焦った。

予選会まであと一ヶ月。

その頃は技術や知識が豊富になっていたから結果が出なかった理由を動画を見て改善した。

 

5月 初戦 

県へはほぼ確定していたので調整なしで練習の流れで出場し、54mで1位。

県大会

同世代のレベルが高くてベスト以上じゃないと次には進めない。

リレーを走ってからやり投に出場して最高の状態で臨んだ。笑

練習投の感覚がよくて今日は決まったという自信しかなかった。なぜなら1年以上前からこの日の為に誰よりも練習を積み重ねて準備をしてきたから。

結果は56m4位。

1年前の悔しさを結果で返した。

こんな人は少ないでしょう。県大会最下位に近かった選手がこんなに短期間で表彰台に登るなんて。嬉しかった。自分を誇れる瞬間だった。

 

嬉しんでいたのも束の間で、北信越出場選手の持ち記録の順位を見たときは面白かった。例年の優勝記録が8位あたりだから。

俺は圏外で恐らく12番目位だったと思う。

でもそんな記録を見ても俺の闘争心が強すぎて不安はなかったよ。不安になってもやるしかないんだから。

 

メンタルは不安から来る。不安を感じなきゃ自信過剰で突き進めば乗り越えられる。予選会が始まってからマイナスなことを考えないように全て遮断して自分に暗示をかけてた。

「絶対にインターハイに出る」