手術

治療の経緯を発信します

12ヶ月経過(1年)

1年経った。

f:id:b-godaigo:20210208155210j:image

この前整体で膝を見てもらった。

以前は肩の動きが悪かったのに今回は改善されていた。特に肩のエクササイズはしていないのの改善したということは、右膝の状態が改善傾向であったからと考えた。

痛みや違和感はあったものの、手術前に右足をかばった動きをしなくなった要因がありそう。

前から自分のような症状を持つ患者は総じてこういう傾向にあると言われていたけれど、今回も励ましの言葉をもらい、元気が出た。

こうやって目に見えた改善が実感できると生きる上でモチベーションが保てるということが分かった。肘の手術後も、改善傾向の実感でまた頑張りたい気持ちが出た経験がある。

 

この1年間働いて後悔したことがある。

それは、本当にやりたいことを仕事にしていない。

言い訳になってしまうが、大学時代怪我で悩まされて、膝に関しては治る余地がない状態まで追い込まれた。スポーツ業界に行きたいと思っていたけど、こんなボロボロの身体で携わりたくなくて諦めた。自分を偽って適当に就活して適当に決めた仕事は全くやる気が起きなくて辞めたかった。でも身体が戻らない以上は、生きている気がしないまま人生を送るのかと落ち込んでいた。

 

しかし、今回治る見込みが立ち自分が本当に社会にもたらしたい事が鮮明になった。

筋トレで健康を提供することだ。

学生時代の手術をして健康であることの素晴らしさを知った。

リバビリで筋トレを行ったら不安や悩みが解消され元気でいられた。筋トレをして改善される身体(健康になっていく過程)に素晴らしさを痛感した。

筋トレという手段を使って健康にさせたい。

 

どうすればその目的に向かっていけるか?

スポーツジムでそれを目指す。

 

筋トレしなくても健康っすよ?

WHOが定める健康の定義をググってどうぞ。

 

殆どの人は100%健康ではないはずだ。

自分は身体的健康を叶えていく。

人それぞれ体のアンバランスがあるのでそれを調節して、筋トレで肉体を強化させる。

筋トレしないよりはした方が健康維持ができる。

 

筋トレ界隈が嫌い。

筋トレが目的になっていて、仲間内で盛り上がっているのが気に入らない。人それぞれ目的があるのは尊重するが、社会に目を向けた時に自分は外にもたらしたいと考えた。

今社会的に日本を見ると世界に大きく遅れをとっている。これから変えるのは自分らの世代だ。その世代が万全なパフォーマンスを発揮するために健康面からサポートをしたい。

自分のような辛い経験をして欲しくないので、身体のバランスを調節する。整った状態で体を鍛える。全ての教えに科学的根拠を持ち、ゆくゆくはお客側が知識を持ち自分で健康を保てるようにする。知識を持ったのならば自分がいなくなっても受け継いで行ってくれるはずだ。健康の無限ループ。

この人生の目的を死ぬまで追いかけ続けて死ぬ。これがこれからの俺の生き方。

 

ここまでやりたいことを追求できたのは「Utsuさん」という方です。長年外資系企業で得た広い知見があり、YouTubeでは20万人越えのチャンネルを持っている。

 

人生を変えたい人はYouTubeで調べてみて下さい。就活生は絶対に見てください。

 

utsuさんの「人生の目的論」に取り組むには、スタートラインとして新聞を読むこと、白紙の紙50枚以上がある。

 

 

 

 

11ヶ月経過

f:id:b-godaigo:20210107101927j:image

痛みは無いんだけど違和感が取れないんだよな

 

仕事が落ち着いたのでこれを機に色々と行動を起こしていきたい。

下手な就活をしてしまったせいで仕事上でやる気が起きない。本来ならば自分はもっと仕事を取りに行こうと行動しているはずなのに、好きな仕事じゃ無いのでそもそもモチベーションが無いし、膝の関係もあってどうでもよくなっている。

自分の過去の経験から何がしたくて何を社会にもたらしたいのか、やりたい事の裏付けがはっきりしていれば、それが適職だ。

現状はやりたいけどやれない。やれるけど膝が足かせとなって人生の目的を完璧に目指せない。

今居る職場には申し訳ないけど、諦めきれない自分がいるのでそろそろ辞めさせてもらう。

 

まじで膝完璧に治って欲しい。

そうしないと右肩と肩甲骨の動きが治らない。

 

アマゾンブランドの緑茶が安いのにめっちゃうまくて感動した。

10ヶ月経過

6日に椅子から立ち上がろうとしたら左膝に痛みがあった。

実は、左も調子が良くなくて、寒さの影響もあってこういった症状が出たんじゃないか。

右膝も寒さで調子が悪い。

 

数年前に右肘を手術した影響なのか、前腕周辺の筋肉の硬さがある。右手を開こうとすると突っ張りがあって左と比べて開けない。

 

ぼろぼろなう。

f:id:b-godaigo:20201209095334j:image

 

市民タイムスのさわやかさんが爽やかじゃない件

新聞よく読む。

 

地元紙はその地域で生活する上で非常に重要な情報源になってくる。

地元紙、市民タイムスの最後の面にさやわかさんという欄がある。そこには20代の女性の顔写真と名前から職業、趣味が記載されている。

 

残念ながら殆ど爽やかでは無い。

 

 

特に保育士。

 

 

顔を差別しているわけでは無い。

顔が疲れている。

 

多忙なんだろう。

自分は朝早くから暗くなるまでの長時間労働をしている訳だが、仕事中は保育士と違って世話をする内容じゃ無い。

世話の観点で比較すると自分は楽な方だろう。

 

保育士は自分より何十年も歳下の子供をみる。

言うこと聞かない、事件を起こす、色々世話がある。しかも大人数みるから疲れるのは当たり前。

18時過ぎになっても施設の明かりがついていて、保育士の多忙さは学校教員に匹敵するんじゃないか。

あくまでも想像だけど明らかに顔に疲れが出ていて生々していないので楽しい人生を送れていない筈。

 

今日、保育士を辞めてその後の職場もコロナ関係でクビになった若い男性がアルバイトとして来た。まだ25で結婚しているらしい。

 

社会の現実を知る程病みそうになるので余り考え込まないようにしたい。

社会は残酷。

9ヶ月経過

f:id:b-godaigo:20201110072822j:image

9日は鋭い痛みがあった。時々この様な突発的な症状があるので無理をしない様にしていきたい。

長期的な休みが欲しい。

一旦体を整えるだけ整えて自分を見つめ直す時間が必要だと感じた。

以前は毎日バランスを整えるエクササイズをしていたが、全く変わりなかった。むしろ悪くなる一方。

エクササイズはやめて疲れていた足メインのストレッチをしていった。

忙しく無い日が続いた時は良くなっている感覚があった。やっぱり肉体的ストレスがかかるとすぐに悪くなるんだろう。膝の回復が遅いせいだと考えている。

治すなら治すで長期的な期間で診ていくべきだ。休まなければいけない。

 

大学3年から悩まされ、適当な就活をしてしまって、手術をしてあっという間に社会人として働き始めた。

後悔し続けてもしょうがないのでとりあえず、今できることをやるしか無い。

 

 

 

あざはぶつけただけなう。

8ヶ月経過

f:id:b-godaigo:20201008222516j:image

8月に痛みが出てから暫く経った。9月に病院に行ったら生理食塩水を打たれた。過去1か2番目に痛い膝の注射だった。

少ししか動かしていないのに痛みが出たということは、はんこん(ケロイド的な)の硬い組織が影響しているかもしれないらしいとの事だった。今現在は違和感はあるものの2週間前位から余り気にならなくなった。そして、肩の痛みも気づいたらない。ただ、体のバランスは依然として悪いけど。

やっぱり膝が悪いと元々バランスが悪い所に更に負担をかけて痛みが出るみたい。

 

話題は変わるが、

大学の後輩にムービーを作っていて、大学時代に殆ど活躍出来なかった自分に対して非常に悔しくなった。

約3年捨てた学生生活は全く充実していないのを再度知って辛くなった。それと同時に復帰の想いが出た。これはどんな時も絶対に無くならない想いなので体を早く治して復帰をしたい。

その復帰はいつなのか目処が立たない。課題が多すぎる。

 

仕事ではクソみたいな就活をしたせいでツケが回っている。再度自分を見つめ直すと、自分が社会でやるべきことは今やっていることではなかった。この話題に関しては徐々に触れていきたいと思っている。

現状の人生の目的は、「自分のような辛い人生を歩む人が出ない取り組みをする」だ。

 

後輩達、応援してる。

7ヶ月経過

8月にキャッチボールをしたら膝の調子が悪くなった。体を横から正面に向ける動作は控えるようにしていく。走るのは問題ないので、恐らく股関節の内旋運動で膝関節が連動せず、炎症が起きやすい状態になっているのだと思う。

痛みはないものの違和感があるのでしばらく様子を見ていきたい。

肩の調子は毎日ケアしないと動きがすぐに悪くなるので根気強くやっていく。

体はボロボロの状態だけど少しずつ回復していて、いずれやりたい事ができる姿を想像するだけでモチベーションが上がる。

やりたい事があるってそれだけで生きがいになるんだね。f:id:b-godaigo:20200910204333j:image